【生後10ヶ月】不安だらけの一時保育!はじめて利用した感想

先日、一時保育なるものをはじめて利用してきました。

場所は、私が住む街の児童館。月に一度、自主グループが実施している育児サポートサービスです。

一時保育の概要

対象年齢

生後6か月~4歳未満

保育時間

午前10時〜午後1時までの3時間

保育場所

区の児童館

利用料金

1回500円

利用のきっかけは?

少し前にブログでも綴ったように、以前までの私は一時保育に対して抵抗感を持っていました。

理由は、罪悪感ではなく…

*詳しくはこちらをご覧ください

では、なぜ今回、一時保育を利用しようと思いたったのか?

理由は簡単、育児疲れです!

ずーーーーーーーっと一緒にいることに、肉体的にも精神的にも疲労がたまってきていました。

後追いマックス期が4ヶ月ほど続いてて、ろくにトイレも行けない、家事も進まない、そしてずっと泣いている息子に、もうお手上げ〜!となることもしばしば^^;

いよいよ、息子に対して、笑顔で接することができなくなるときがあって。

    

ん、これはまずいぞ…と思ったんです。

また、母親と離れて同年代の子と遊ぶ経験もさせてあげるべきだ、とも前から思ってました。

なので、母としても一歩成長すべく、新たな試みにチャレンジした次第です。

サポート側が8名、預ける側が6名

はじめての利用だったので、早めに到着してしまいボケーっと待ちぼうけ(笑)

ドキドキしながら待っていると、

開始時間1〜2分前に、児童館にぞくぞくとお婆ちゃんがやってきました。

(※どうやら、区で働いている保育資格をもった職員ではなく、自主グループの方々のようです。)

気づけば、お婆ちゃんが8名スタンバイ完了。

そして、利用する子どもは6名。

大人1名に対して2〜3名ぐらいの子どもの割合での保育なのかなぁ、、と勝手に想像していたので、マンツーマンの手厚い保育にほっと安心しました。

預けるときは拍子抜けするほど簡単

まず、A4の申込み用紙に必要事項を記入します。

記入事項は、子どもの氏名・月齢・緊急連絡先・アレルギーの有無・おやつ持参の有無・お昼寝の有無・その他備考

そして、名前の書かれたカゴに荷物(オムツ替えセット・着替え・抱っこひも・水分・おやつetc…)を入れて、本日担当してくれる方と自己紹介。

気になるポイントを口頭でお伝えし、子どもを預けます。

以上!

いたってシンプルです。

息子は預けるときに寝ていたので、特に泣くこともなくスッと引き渡し終了。。

こちらが心配になるほど、一瞬でした(笑)

ドキドキしながらも久々の開放感

さぁ、自分の時間を楽しむぞ!!と、後ろを振り返らずに児童館をあとにしました。

今回の自由時間は、夫とスパに行き温泉・マッサージを楽しみ、心も身体もリラックス!!

でも、離れている間に考えることは、ほとんどが息子のこと。

泣いてないかな?おもちゃで遊んでいるかな??

離れているときのほうが、一緒にいるときよりも、息子のことで頭がいっぱいでした^^;

お迎えの瞬間は…

さぁ、終了時間になったので、いざお迎えに!!

私、息子の大泣きしている姿を想像していたんです。

時間的にお腹も空いているだろうし、最初はおもちゃで機嫌よく遊んでいるだろうけど、少しすると「あれ?ママは?いないー!!泣」となっているだろうと!!

会った瞬間に全身でママを求めてくるだろうと!!!

いざ、3時間ぶりのご対面!

 

 

…あれ?

ぐったりしている…笑

担当の方に抱っこしてもらって、腕の中で遠くの方を見つめて脱力している。

想像とだいぶ違うぞ?笑

「ママだよー!」と、抱っこしても、ツーン。。

…あれれ?笑

目を合わせてくれない。なに?拗ねてるの??

自転車に乗せても、このご様子

表情はふてくされている感じです。

「ママ、僕を置いていったな?ふんっ、すねちゃうもんね!」

という心の声がひしひしと伝わってきました。

新しい一面、発見!!!笑

最後に感想

一時保育、不安しかなかった昔の私はもういません。

預けるときに泣く姿を見るのは多少心が痛みますが、本人はひと通り泣くとケロっとして、すぐにおもちゃで遊んで、わりと楽しんでいるみたいです。(*保育がおわったときに、担当の方に様子を伺って感じた感想です。)

タイミングさえあえば、定期的に一時保育をうまく利用しようと決めた日でした!

私も家族も笑顔でいられるように、うまくガス抜きしつつ子どもと向き合っていこうと思います^^

レイカ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください