超簡単!ご祝儀袋を活用した足型アートの作り方♫

みなさん、ご祝儀袋って、どうされてますか?

結婚や出産のお祝いとして、親戚や友人からいただいたご祝儀。その袋をゴミ箱へ捨てるのは、少し抵抗がある!かといって、ずっと保管しておくのもなんだか変…。

ということで、ご祝儀袋をリメイクして足型アートを作ってみました!

ご祝儀袋の特長は、水引と色合い

ご祝儀袋の最大の特長は、なんといっても水引

一般的な紅白タイプのものから、白鶴やお花など一風変わったタイプまで、たくさんの種類があります。また、その水引に負けないくらいの華やかな色合いも特長です。

今回は、この2点を最大限に活用しつつ、足型アートに挑戦してみました。

では、さっそく作ってみましょう♫

まず、サイズはA3がおすすめ

水引は存在感があり、ある程度の大きさとボリュームがあるので、A3がおすすめです。

1.水引をクリアファイルにまとめる

ご祝儀袋から水引のみを取り、クリアファイルにまとめておきます。

種類分けは気にしなくてOKです!

2.色合いを青・赤・白にわける

次に、ご祝儀袋の色合いを、青・赤・白にざっくりわけます。

3.華やかな色の部分を正方形にカットする

4cm各の正方形の型紙をつくり、ご祝儀袋の華やかな色の部分にあてカットしていきます。

これが一番地味で面倒な作業です。

ですが、この作業が一番だいじ!

この正方形が背景になるので、雑すぎると美しくみえません…。1mm単位まで気にする必要はありませんが、そこそこ丁寧にカットするのがおすすめです。

4.A3用紙に並べていく

ここまでくれば、あとは楽しい作業です♫

先程カットした正方形を、A3用紙に好きに並べていきます。私は、上下で青・赤に分けたかったので、このように置きました。

ポイントは、白色を格子型に配置することです!白も存在感もわりと重要♫

5.配置が決まったらノリで貼る

ひたすら、ペタペタ…。

テレビを見ながらでも、音楽を聞きながらでもなんでもいいです。

ひたすら、ペタペタ……。

6.水引を円形に配置する

ここまでくれば、もう終盤です。先程の背景のうえに水引を円形に配置します。

一気に華やかに!

なんか、いい感じです!笑

ポイントは、中央部分を空けておくこと色合い。背景色が青部分の水引は寒色系を集め、赤部分には暖色系の水引を集めると、統一感がでて◎

ちなみに、水引はセロハンテープで固定しました。

7.中央に足型を貼り付けて完成

最後に、中央部分に足型を貼り付けて完成です!

*額縁は、厚みのあるものを展示できるこちらをAmazonで購入しました♫

感想

足型が目立たない…!

ご祝儀袋は飾りのつもりが華やかすぎて、メインの足型がかすんでしまいました(笑)

でもまぁ、ご祝儀袋も捨てずに活用できたことだし満足です!

みなさんもよければ、一度試してみてください^^

レイカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

結婚・妊娠を機にITベンチャー企業の営業を退職、現在は専業主婦。2016年10月に男の子を出産した一児の母です。 妊娠中や子育てで感じたことをマイペースに発信していきます。 ママさんが感じる不安・悩みを解消する手助けになれれば幸せです!