【①:準備編】生後1ヵ月の赤ちゃん連れで新幹線移動!多目的室が使用中だったときの授乳必殺技

先日、生後1ヵ月健診がぶじにおわり、里帰り先の大阪から夫が待つ東京へ帰ることになりました。

ドアtoドアで約5時間の移動。

生後1ヵ月の赤ちゃんには負担が大きすぎますが、なんとかして帰らないといけない!

特に新幹線の中が不安!!

準備1:新幹線の便と時間

sinkansen-E2-2

まず、新幹線の指定席を選ぶところからです。

条件は、平日・午前中・のぞみ!

以前は仕事で週2〜3、東京〜大阪間を新幹線で移動していたので、そのときの混雑ぐあいを頼りに…。

一番混むのは、金曜日の夜・月曜日の朝。なので、もちろん「平日」さらには週の真ん中(水・木)がオススメです。

夕方以降は寒くなる時期なので「午前中」の便を。そして、なにより乗車時間が一番短い「のぞみ」にしました。

準備2:新幹線の指定席

721

新幹線には「多目的室」という設備があります。この多目的室は11号車と12号車の連結部分にあるので、12号車の最前列、もしくは11号車の最後列を取ります。

*多目的室についての詳しい説明はこちら

さらには、3列シートの通路側がオススメです。

赤ちゃんがぐずった時にすぐ立ち上がれるように、窓側ではなく通路側を。そして、3列シートの真ん中は、よっぽど混雑している状況以外は、たいてい空いています。

隣に人がいるのといないとでは、気の使いようがぜんぜん違うので!

準備3:持ち物

722
  • ベビーカー
  • 抱っこ紐
  • マザーズバッグ
  • ショルダーバッグ

生後1ヵ月の赤ちゃんを連れて、ひとりでの移動なので、手荷物はできる限り少なく!が最重要課題です(笑)

マザーズバッグの中身

  • おむつ7枚(いつもより3〜4枚多め)
  • おむつ拭き
  • 着替え2セット
  • 授乳ケープ
  • ガーゼ
  • バスタオル
  • 哺乳瓶
  • ミルク
  • 熱湯が入った水筒
  • ビニール袋4〜5枚

多いように感じますが、すべて必需品です!!

ビニール袋はなにかと便利なので、多めがオススメ(うんち漏れやゲロなどの予期せぬ汚物が、予期せぬときに発生するので…)

準備4:赤ちゃんの授乳時間の調整

578

生後1ヵ月の赤ちゃんは、基本3時間おきに授乳します。

新幹線に乗車している2時間半は、できれば授乳せずに乗り越えたいもの!ムダな努力かもしれませんが、1日前からできるだけ授乳時間を調整していました!

まぁ、結局現実はそんなにうまくいかなかったんですが(笑)

準備5:抱っこ紐とベビーカーに慣れさせる

723

里帰り終了日の1週間前から、家の中でベビーカーに乗せて様子見…。抱っこ紐で1時間ほどゆらゆらして、様子見…。

これを繰り返して、予行練習をしていました(笑)

幸いなことに、わが子は両方ともグズることなく、ぐっすりと眠ってくれたので安心です!

さて、いざ出発!

724

いよいよ当日…わが子の機嫌は上々。私は心臓バクバク(笑)

無事に夫の待つ東京まで帰れるのでしょうか?!

*つづきはこちら

レイカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

結婚・妊娠を機にITベンチャー企業の営業を退職、現在は専業主婦。2016年10月に男の子を出産した一児の母です。 妊娠中や子育てで感じたことをマイペースに発信していきます。 ママさんが感じる不安・悩みを解消する手助けになれれば幸せです!